ナグスビートル概要 SHOP マット販売
特定商取引表示 ナグスビートルモバイル リンク
注文方法 カブト簡単ブリード法 お問い合わせ

ニジイロクワガタの飼育法、ブリード法


NAGUSニジイロクワガタの紹介
ニジイロクワガタ ブラックタイプ

ナグスブラック

ニジイロクワガタブラック ニジイロクワガタブラック

ニジイロクワガタブラック ニジイロクワガタブラック
ニジイロクワガタ グリーンタイプ

ナグスグリーン

ニジイロクワガタグリーン

ニジイロクワガタグリーン ニジイロクワガタグリーン ニジイロクワガタグリーン

ニジイロクワガタグリーン ニジイロクワガタグリーン ニジイロクワガタグリーン
ニジイロクワガタ販売はこちら

ニジイロクワガタの飼育準備


用意する物・・・アンテマット、産卵木(なくても良い)
プラケース中、小、
転倒防止用の樹皮、高蛋白ゼリー、霧吹き

※針葉樹マットはダニなどの殺虫効果がある。 
  針葉樹マットは幼虫の毒なのでブリードケースに入らないように注意する。

飼育温度・・・ニジイロクワガタの飼育温度ベストは20℃〜25℃
夏はクーラーなどを使用し30℃以上ならないように注意する。 

飼育湿度・・・乾燥させない程度に霧吹きをふいてやる。

飼育・・・ニジイロクワガタは♂♀別でそれぞれ単独飼育をする。
♂♀一緒でも良いが交尾や喧嘩などで寿命が縮まる恐れがある。
新成虫の場合後食するまでプラケースミニで飼育。
(飼育スペースをとらないし後食するまではほぼ動かない為)

♂、♀ともに羽化後2週間前後で後食をはじめる。 
ゼリーは高蛋白バナナゼリーが産卵数も増え長生きするのお勧めである
後食後は♂♀ともに餌切れには十分注意することが必要である。

ニジイロクワガタ販売はこちら

ニジイロクワガタのブリード法

ニジイロクワガタの交配
ニジイロクワガタは後食後、約2週間で交配開始できる。
1週間程度ミニケースで同居させる
交配後オスは飼育ケースへ♀はブリード用の衣装ケースへ。


ニジイロクワガタのブリード準備
用意する物・・・コンテナ(奥行き350o、幅250o、高さ200o)
ニジイロクワガタはプラケース中でも問題なし
アンテマット 
アンテマット販売はこちらから
転倒防止の樹皮等、産卵用高蛋白ゼリー


ブリード飼育温度・・・若干高めに設定し24℃〜27℃

ニジイロクワガタのブリードコンテナ
左産卵木なし、右コナラの産卵木入り


ニジイロクワガタのブリード
まずはコンテナにアンテマットを詰める。
アンテマットは無添加微粒子高発酵マットで硬詰めしやすく爆産してくれる。

水分量についてはあまり水分量が多いと底から腐り始めるので気をつける。
水分は多すぎず少なすぎず。
アンテマットは水分量が調整してあるのでそのまま使えます
マットが用意できたらコンテナに10cm位敷き詰めカチカチに押し固めていく。
(底の固まった部分にたくさん卵を発見できる)
それを繰り返し20cm位の高さまで詰める。
マット詰が終わったら転倒防止の為の材やビニールのつたを配置しゼリーをセットする。
ニジイロクワガタはほぼマット産みなので産卵木入らないが入れておくとたまに産んでくれる
その際は柔らかめのコナラ材がよい。
これで交尾済みの♀を入れ完了。
後は餌切れに十分注意し1ヶ月〜2ヶ月間様子を見る。


ナグスビートルでは爆産クワガタマット”アンテマット”を使って爆産結果を出しております。
平均40以上(微粒子”アンテマット”使用)
ナグスビートルのアンテマットはニジイロクワガタ産卵に最適の爆産マットです



HOMEWEB概要SHOPNAGUSモバイルサタンオオカブト特長分布サタンオオカブトブリード法
ヘラクレスオオカブト特長分布ヘラクレスオオカブトブリード法ヘラクレス・パスコアリブリードグラントシロカブトブリード法ニジイロクワガタブリード法
|マット販売 | ブリード法特定商取引に基づく表示注文方法サイトマップNAGUSヘラクレスNAGUSニジイロNAGUSパプキンNAGUS国産
オリジナルマット使用実験結果報告プレゼントリンクお問い合わせ

NAGUS BEETLE http://nagusbeetle.kemuridama.com/